TV会議で近未来的なビジネス!|遠くの支社との連携が簡略化!

メンズ

空調を自動で調節する

ITシステム

M2Mは、一体何と思ってしまうでしょう。M2Mとは、機械と機械をワイヤレスでつなげて連動させるシステムとなっています。空調に導入すれば、いつでもオフィス空間を快適な温度に保ってくれるのです。

詳しくはこちら

水道関連だけではない

ミーティング

水道図面CADは、名前からして上下水道関連のために誕生したCADという印象を受けます。しかし、水道だけに限定したものではありません。従来の住宅施工用の作図をスピーディーに作成することを可能にしているのです。

詳しくはこちら

必要な機能に絞れる

六法全書

弁護士システムは、弁護士業務で生じる細かい雑務を時短で済ませられるパソコンシステムとなっています。ですが、パソコン操作が苦手な場合、操作が難しく感じます。ですが、取り扱い業者は必要なツールに絞ってくれるのです。

詳しくはこちら

高性能カメラを設置

PCを見る女性

アメリカの映画で近未来的な世界観を題材にした映画が度々日本でも放映されます。その時に、遠隔でやりとりをしている光景を目にすることが多いでしょう。そんな世界観が現実にあったら楽しいだろうなと感じるものです。ですが安心してください。既にそのような世界に突入する一歩手前まで来ているのは間違いありません。
現在のビジネスでは、TV会議を行っている企業が多数存在します。TV会議とは、パソコンの画面上で支社の社員と容易にやりとりが可能になります。そのために、必要なのはパソコンとネット環境は欠かせません。また、もう一つTV会議を行なうために必要なのが、パソコンに設置する為の小型カメラとマイクです。その二点がなければ、せっかくTV会議で支社の社員が映しだされても、やりとりが出来なくなります。なので、必ず家電量販店に行って準備しましょう。
TV会議があれば、一か所に幹部社員が集まっていなくても、スマホなどの端末が有れば、簡単に何処でも会議ができます。あるいは、複数の支社にいる幹部社員全員と映像を通してやりとりが可能になります。そうなれば、支社と連携をとっての企業プロジェクトも進行しやすくなります。
ただし、TV会議で使用するカメラは、なるべく鮮明に映るタイプのものを選んだほうがいいです。なぜなら、そのほうが、画面の乱れがなく、鮮明に誰がいるか顔がはっきり映せるからです。カメラの画質や性能が低いと、画面の乱れが生じてしまい、社員が何を言っているのか頭に入ってこなくなります。それだと、TV会議に大きな支障をきたしてしまうのは間違いありません。